tonic drugs

健康な眠りをサポート

不安障害を治療できる抗不安剤の多くが、睡眠障害でも利用されています。特に心の状態が安定せずにスムーズに眠りに入れないとき、デパスやバスパーが入眠をサポートしてくれるのです。

medicines was clear put

薬のメカニズム

抗不安剤は、デパスにせよバスパーにせよ、人の心をリラックスさせる効果のあるGABAやセロトニンなどの神経伝達物質の分泌をサポートすることで、不安障害を治療することができます。

a blister pack panadol

1種類だけ飲むこと

抗不安剤の種類はさまざまですが、ひとつの薬だけを使うことを心がけなければいけません。同じ作用を持つ別々の薬を一度に飲んでいると、それぞれの副作用が強く出る可能性があります。

不安を解消します

orange drugs

人の豊かな人生には、心身ともに健康な生活が欠かせません。体ばかり丈夫で心が病んでいては楽しい人生は送れませんし、逆もまたしかりです。
もちろんいかんともしがたいことはありますが、ちょっとしたことで改善できる場合もあります。改善できる場合には、していこうではありませんか!
たとえば抗不安剤を使えば、不安障害などの心の病は治すことができます。

不安障害というのは、読んで字のごとく「不安」というものが心の健康を阻害する病気のことです。物事を楽しんだり喜んだり驚いたり怒ったり、心はさまざまな動きをしますが、不安障害になってしまうと喜びや驚きや怒りをはるかに凌駕する、大容量の不安に襲われてしまうことになります。
ちょっとした不安がどんどん妄想的にふくらんで抱えきれないほどになったり、本人にもしかとはわからない不安がふいに芽生えて別のことが考えられなくなってしまったりします。

もちろん「不安感を持つ」ということ自体は、人の持つ危機察知能力に由来するものであり、不要なものではありません。しかし心の中身がそればかりになってしまうと、冒頭に書いたような心身ともに健康な生活は送れません。
そして、これまた冒頭に書いたように、不安障害は薬によって解消することができます。抗不安剤と呼ばれる薬があり、デパスやバスパーなど、さまざまな製品が存在しています。これらの抗不安剤を飲むことで、必要以上に抱え込んでしまった不安を取り除き、リラックスできるようにするわけです。
再び、心が素直に喜びや驚き、怒りなどを感じ、心身ともに健康になれるよう、薬について知っておきましょう。

抗不安剤のデパスの効果の詳細はコチラ